ロゴ

貿易セミナーを受講してスキルUP【貿易事務に必要なスキル】

物流

貿易事務の業務内容と必要資格

貿易立国といわれる日本では、近年のグローバル化の進展とも相まって、商品の輸出入に携わる専門的な人材がますます求められています。海外のメーカーやディーラーと打ち合わせ、輸出入に関係する各種の書類を作成するのが、貿易事務の主な業務内容です。貿易事務の仕事そのものは資格がなくてもできますが、経験者のほうが有利なことは間違いありません。未経験者はセミナーを受講して資格を取得しておけば、面接の際に大きなアピールポイントになるでしょう。この仕事に関連する資格としては、国家資格である通関士や、民間資格の貿易実務検定などが挙げられます。特に自分自身で税関の手続きを行う場合には、通関士の資格が必須となっています。

コンテナ

貿易セミナーに参加してスキル向上を目指す

貿易実務検定にはC級からA級までの種類があり、レベルが上がるほど高度な事務をこなせる証明になります。A級はかなり専門的な知識や実務経験が必要となるので、初心者はC級から受験してみることをお勧めします。初心者向けのセミナーは頻繁に開催されており、比較的短期間で実務の基礎を幅広く身につけることができます。このほか貿易事務には英語力も必要ですし、簿記やパソコンの知識もあったほうが有利です。ビジネス英語やパソコン検定などに対応した講座もあるので、必要に応じて受講を検討するとよいでしょう。最近は中小企業でも海外へ進出する機会が多く、貿易実務ができる人材は流通業のみならず、製造業やサービス業でも重宝されるようになっています。